様々なAI

various
AI

さまざまなAI

今では様々なタスクがAIを用いて効率化されています。ここではAIの活用例についてみていきましょうさて技術の説明をされると途端に難しくなるAIですが、実はもうその技術は世界のいたるところで利用されています。もしかしたらもうあなたは知らないところでAI技術と対面しているかもしれません。
ここでもう実在するAIについてお話します人工知能の身近な例に必ず名乗りを上げるのがお掃除ロボットでしょう。人工知能と聞いて「お掃除ロボット」「ルンバ」をイメージする人も多いでしょう。ゴミがある所を壁に当たりながら探して回るあの姿はどこか可愛らしいですよね。あのルンバにはこの後登場する探索という技術が使われています。余談ですが僕は初めてお掃除ロボットときいたときほうきをもったドラえもんをイメージしました。(ルンバみたいな画像放棄を持ったドラえもん)
次のAIですが、皆さんAMAZONを利用したことはありますか?AMAZONのあなたへおすすめの商品の欄によさそうな商品を見つけてそのまま購入なんてことをしたことのある人も多いでしょう。あのおすすめはもちろんあなたの購入履歴とか回覧履歴とかに沿ったラインナップに変わります。この機能、実はAMAZONの社員さんが、「あの、実は私あなたがAMAZONを始めてから、購入したものとかどんなページを見たかとかずっと見てたんですけど、あなたにはね、この商品が合うと思うんですよね!」という風に紹介してきてるのではないんです、なんとAIが紹介してるんですね。AMAZONでは後々出てくるビックデータを用いて顧客のニーズなどをAIで分析しているんですね。

AI

医療画像解析

医療の現場でのAI活用例です。CTやMRIなどの技術の進歩により一回の撮影でとることのできる写真の枚数が10年前は16枚が主流だったのに対し、最新の高性能機は一度になんと320枚の画像を取ることができます。それにより画像を実際に確認する医師の仕事が急増し、人手が足りない状況に陥っています。そこでAIを用いて医師の負担を減らそうという取り組みが行われています。現在臨床試験中らしいです。精度は医師の技量にもよりますが、人間の目より高い精度で異常を発見することに成功しています。

AI

HRテック

近年、企業における新卒採用においてもAIが活用されています。大量に送られてくるエントリーシートを人工知能によって選考し、不合格になったもののみを人事部の手作業で判定する方法がとられるようになりました。これによって多いところで約半分の作業を減らすことに成功しています。また、社員の勤怠データをもとに退職した社員の勤怠データを機械学習によってモデル化することで退職しそうな社員を予測します。その社員の悩みに対応することで、離職を防ぐこともできるようになったとのことです。

AI

スマートスピーカー

CMでよく見かけるようになったスマートスピーカーですが、様々な企業のものが続々と登場してきて、持っているという方も多いのではないでしょうか。スマートスピーカーやSiriは音声認識技術と質問応答技術で成り立っています。ですがこれらは与えられた質問に答えることしかできません。なぜなら現在の自然言語処理技術では会話の「意味を理解する」ことができないからです。そのため、質問に含まれる単語を含む文章をWEBから探してくるという手法を用いています。