AI

これからの仕事の簡略化 これからの同僚

間をかけて議論したとて結論が出ることはないでしょう。でもまあ、確かに面白い議題ではあるので少し職業に重きをおいて話をしていきたいと思います。
さて実際の話AIの普及によるタスクの自動化は仕事にどのような影響をもたらすのでしょうか?早速、AIの自動化によってもたらされる職業の変化について見ていきましょう。
これから、高い確率で自動化されるであろう職業についている労働者は全体の49%までに上り、約半分の労働者の職業がAIによって代替される可能性があるとのことです。機械による自動化率99%以上の職業には電車運転手、経済事務員、レジ係などが挙げられ、すでに現在でも自動化されている職業がほとんどです。逆に機械に代替される可能性が0.2%以下の職業としては精神科医、メイクアップアーティスト、小児科医など、人を相手にする職業がほどんどです。AIによって自動化される可能性のある職業率の高さは日本だけに限ったことではなく、アメリカでは47%、イギリスでも35%と先進諸外国においても見られます。